建て替え出来ない土地を高額で手放す方法!不要な土地を処分して夢のマイホームを

古い空き家

家づくりの際に家を建てる土地を持っていたらどんなに良かっただろうか…と考えた、

たれお(@tare0talshil)です。


しかし相続した土地が気に入らないケースもあります。

遠方の土地を相続しても、そこに家を建てようとおもいませんよね。

ただ距離が遠いだけの土地であれば、その土地を売却して新たに気に入った土地を購入する資金の足しにすればいいかもしれません。

しかし、相続した土地が建物の建て替えが出来ない土地だった場合はどうでしょうか…

たれお

建て替え出来ない土地なんて負債でしかないじゃないか!

それが売却出来るんです…!

建て替え出来ない土地などのいわゆる訳あり物件でもちゃんと売却することができるんです。

この記事はこんな人におすすめ

・建て替え出来ない土地の処分に困っている人

・相続した土地が訳あり物件で処分に困っている人

なぜ建て替え出来ない土地が存在するのか

今再建築できない土地のうえに建っている建物が出来た当時のルールから現在はルールが変わっているからです。

現在は土地が建築基準法上の道路(原則、道路の幅員が4m以上あるもの)と2m以上接していない場合、その土地は「建て替えできない土地(=再建築不可物件)」になります。

建築基準法第43条によって、以下の内容が定義されています。

建築物の敷地は、道路に二メートル以上接しなければならない

引用元:建築基準法第43条

建築基準法は1950年(昭和25年)に制定されました。

しかし建築基準法が制定された当初は、今よりもルールが緩く設定されていました。

その後、1981年(昭和56年)に建築基準法が改正されましたが、

改正されるまでの間に現行の建築基準法のルールを満たさない建物(再建築不可物件)が多く建てられてしまったのです。

そのため、建て替え出来ない土地が存在しているというわけです。

建て替え出来ない土地の活用法

建て替え出来ない土地の活用法を紹介します。

  • リフォームして住んでみる
  • 建物を解体し更地にして活用する
  • 早めに売却してしまう

以下で詳しく説明していきますね。

リフォームして住んでみる

建物を取り壊し、新たな建物を建てることはできませんが、改築は認められている場合があります。

リフォーム工事を行うことで既存の建物に住むことは可能です。

しかし、建物自体が古い場合が多く耐震補強工事も必要になることも多いため想定しているよりも多くのお金がかかるリスクがあります。

またリフォームにも限界があります。

自分の代で終わりならいいですが、次相続する人に悩みの種を残すことになりそうで個人的にはオススメできません。

建物を取り壊し更地にしてしまう

建物や土地をそのまま放置しておくことは危険です。

古い建物は災害時に倒壊のリスクが高いですし、ゴミを投棄されて異臭の原因になることもあります。

住宅を建てることはできませんが、駐車場など別の形で活用することは可能です。

早めに売却してしまう

老朽化していく建物の維持の手間を考えると、早めに手放すことが賢い選択だと言えます。

しかしどうせ活用できない土地だから安く買いたたかれても仕方ないと考えているのはもったいないです。

訳あり物件専門の業者に頼むことで通常の仲介業者で売却するよりも利益を残すことができます。

建て替え出来ない土地を高額で手放す方法

株式会社Alba Link(アルバリンク)が運営する訳あり物件買取プロを利用することです。

訳あり物件買取プロ | 売れない事故物件の売却でお困りなら (wakearipro.com)

たれお

訳あり物件なのに高額買取してもらえるなんて怪しいんじゃないの?

以下であなたの疑問に答えていきますね。

訳あり物件なのに高額買取の秘密

訳あり物件買取プロでは訳あり物件を専門に取り扱っているため、

普通の仲介業者や一般の人には売りづらい訳あり物件を売るノウハウを持っています。

他社で断られたような物件でも査定し値段をつけてくれます。


買取というかたちになるため、スピードが速くすぐに現金化が可能です。

仲介手数料がかからないのも魅力的です。

たれお

土地の仲介手数料ってめちゃくちゃ高いですよね。

私も今の土地を購入する時に100万円以上かかりました…


また仲介の場合に発生する瑕疵担保責任を負わなくてよくなります。

つまり、売却後に買主からクレームを言われることがありません。

気持ちよく売り切れるところも嬉しいですね。

どんな物件が買い取ってもらえるの?

どんな訳あり物件が買い取ってもらえるのでしょうか。

  • 再建築不可物件
  • 未接道
  • 不整形地
  • 旗竿地
  • 狭小地
  • 事故物件
  • 違法物件
  • 訳あり物件
  • 古アパート
  • 相続や権利関係

旗竿地だったり不整形地だったりは家づくり中にいくつも見てきましたが、

一般人が家を建てたりするなどして活用することはやっぱり難しいなという印象でした。

その分、通常の仲介業者だと安く買い取られてしまうのでしょう。

訳あり物件買取プロであればそういった土地でも上手く活用してもらえます。

共有持ち分のみの売却が可能であったり、遺産分割協議中、相続登記前からでも気軽に相談できるところも心強いですね。

早くから相談することで遺産相続のストレスから解放されそうです。

まとめ 訳あり物件は専門業者に相談するが吉

通常安く買いたたかれてしまう訳あり物件ですが、専門業者に相談することで高額買取が実現するかもしれません。

見積もりや相談は無料で行ってくれます。

取り扱いづらい土地を保有している方は相談してみましょう。

家の建てられない土地の管理から解放され、夢のマイホームの軍資金を手に入れることが出来ます。

ABOUT US
たれおroc69roc69
20代で名古屋に一条工務店の家を建てました。
入居から1年以上経ちやってよかったこと
こだわったこと気になる点などレポートしていきます。
ポジティブおばけ
色に関する仕事をしています。
ファッションが好き。カメラが好き。
1991/4/29生まれ。B型
現役保育士の妻と2歳の息子と3人暮らし
家づくりのこと、インテリア
こだわったことや後悔ポイントを記事にしています。

居心地良い場所は自分でつくる!